MMO「大航海時代Online」プレイ日記。 冒険&調理メインです。

Forgotten in the deep sea

走れ正直者 | main | No Marcy
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
海賊対策とわたくし
最近、ゴールデンタイム中の東地中海が非常にアレです。
赤黄合わせて二桁の海賊が徘徊しており、PKKも到着していない。なんていうケースがザラにあります。

こうなるとアテネ~カンディア間はちょっと手が出せません。
ただ、生粋の海賊というよりは、PKKを待ってドンパチやりたい方々が大半のようで、
ここで張られたらちょっと対処しようがないな、という場所には居ないようなのでまだ助かっています。

急がない時は回航、急ぐ時は一定のリスクを覚悟しつつ突撃。
麻雀と一緒で、「勝負に出ている」という認識があれば、裏目に出ても納得できます。
危険を冒してこちらが得るのは「回航分の時間」ですね。海賊はこちらに直接打撃を与えられるのに、
こちらが相手に与えるダメージは「張っている時間の空振り」という間接的なもので、しかもそれを相手が無駄と感じているかどうかすら怪しいわけですが、これも海賊が一般人に対して持つメリットの一種と言えるでしょう。海賊の方は戦闘訓練に一般人の何倍も時間を掛けているわけですから、そこで不均衡が生じるのは当然と言えます。

本音としては、例えばいつどこからでも参戦でき、模擬or実戦が可能なバトルルームのような施設(エントリーして対戦者募集をすれば、自動的に相手が決まるシステム)があれば、海賊よりもとにかく対人戦やりたい人も便利だし、冒険者も暇つぶしに襲われる事がなくていいのになあと思ったりします。バトルルームには、ギルドのある街からならどこでも参加できる感じで。リスボン模擬やロンドン模擬がユーザーの手によって定例化している以上、運営側の手によるケアが入ってもいいのでは?と思うわけです。

勿論「交戦するまで(準備、メンバー構成、索敵など)が実戦の勝負だ!」という方もいらっしゃるでしょうが・・・

トーナメント表やリーグ表を自動生成してくれるサービスとかどうでしょう?
こんなヘッタレーな事を書いていることから分かる通り、私は実はPK禁止サーバーの設立を望んでいたりするのですが(エヘ)・・・とりあえずは現行仕様で頑張るしかありません。
「危険海域での身の処し方」というノウハウが増えていくのは面白くもありますし。

PK嫌い→このゲームを何もわかっちゃいない、みたいな風潮があるので迂闊に口には出せません(もう出している)。




kanben.png




↑みたいな事を考えるひとコマ@カリカット。
マスカットに退避してため息ついたりして。

現在の艦隊人数、PK達がよく組む艦隊、海域に艦隊組んだPKKの方がいるかどうか、などを勘案して突入するか迂回するかを決定します。
艦隊戦やってる横をすり抜けようとしたら単騎海賊にやられる、なんてこともあります。

こういった「海域を俺達が牛耳っている感」も海賊の隠れた魅力かなあと想像。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

| | 00:23 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://hadalwalker.blog67.fc2.com/tb.php/21-dd57a49d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |
(C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

プロフィール

PARACOCCI

Author:PARACOCCI
Eurosサーバー在住。学問交易生産軍事を全部単独で行う「名誉ある中途半端」を目指しつつ、周囲の方々にいつもお世話になりながら生きています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。